こだわりの塗装工事

下地処理

  1. 洗    浄   高圧洗浄機(作業風景)で剥離した古い塗膜や汚れを丁寧に除去する事。
  2. ケ  レ  ン    高圧洗浄機で落ちきらなかった所を丁寧にケレンする事。
  3. コーキング    壁のひび割れはコーキングで丁寧に埋める事。
  4. シ  ー  ラ    塗料がしっかり付く様に丁寧にシーラ(作業風景)を塗る事。

当店では細心の注意を払って丁寧に下地の処理をしています。

材料

塗料はメーカーが作っているもの、同じメーカーの同じ塗料ならどこの塗装業者を通じて仕入れても仕上がりの良さや耐久性には関係ありません。規定量を守り薄めたりしない事。
やたら水性塗料をすすめてくる業者は要注意!材料が足りない時はコッソリ薄めるかも知れません。お客さまの家の水道水で・・・この様にすれば、ただで材料が増えてしまう訳ですネ。

規定量を守らず薄めたりすると、耐久性が落ち色あせ・色むらの原因になります。 工事完了引渡し時には綺麗なので問題なく判りませんが数年で目に見えて変化が起こることとなります。

当店では耐久性の良い油性を使用することが多いです。

技術・知識

一年足らずで『俺は職人!』って言ってのける人も業界内にはいっぱい居るのが事実です。どの業界にも居るわけですが、経験不足・技術不足でも皆と同じだけ儲けたがります。納得できる技量の持ち主に仕事をしてもらう事が一番大切なことだと思います。

塗料も日々進化しつづけており、昔の様に現場でただ塗っているだけでは付いていけない程で勉強不足ですと直ぐに置いてきぼりになってしまいます。知識も深く、フリーハンドでも綺麗に塗れる確かな技術を持った職人さんが来てくれると良いですネ。

当店の職人は全員が熟練工です。また、技量がよく判らない業者への下請丸投げはしておりませんので、お客さまには大変申し訳なく思いますが工事を待って頂くことも有ります。

モラル

お客さまの立場になれる事、仕事に責任と覚悟がある事、すこべをしない事、儲け主義でない事、質の良い仕事を望むなら・・・決めては『職人の質』以外無いようです。

私たちはお客様のお家を自分の家と思って丁寧に仕事をさせて頂いております。

このページのトップへ